May 27, 2009

ボートの係留方法について

ボートの係留方法についての問い合わせがありましたので、解説をします。

・・・とは言っても、係留の方法は様々で、係留場所の地形、干満差、風の具合、稼動頻度などいろんな要素を勘案して決定されるもので、これらの条件によって千差万別です。
したがって、ここでご紹介する係留方法はあくまでも、僕の係留場所での方法ですので、必ずしも全てこの方法でいいというわけではありません。あくまでも参考とお考えください。

念のため、僕の係留場所の状態、条件を整理します。

① 周囲の船は少なく、ある程度空間(隣の船との距離)が取れる。
② 干潮時は手前が干上がってしまうため、岸壁近くには係船できない。
③ 入り江の奥で、風、波共に年中穏やか。
④ 月に1,2回船を出す程度。
⑤ 16フィートほどの小型船

このような感じです。
なので、僕は常に沖めに船を出しておきたかったわけです。ただし、乗船、下船の際はテンダーなどを使うのは面倒なので、乗船の際は簡単に船が引き寄せられ、停泊時は沖に出せるようにしたかったわけです。

そこで、採用したのが下のシステムです(クリックで拡大します)

基本的なシステム
Anka1

まず沖に出来るだけ大きめの常アンカーを打ちます。
僕は16フィートの小型船ながら、1メートルほどの鉄製のアンカーを使いました。

アンカーから水深の3倍程度のロープを出し、ロープの先に丸ブイステンレス製の丸カンを装着します。
ロープもできるだけ太いものがいいでしょう。とにかく安全性を重視です。
ここまでは、陸上で用意しておきましょう。

アンカーを沈め、しっかり固定されたことが確認できたら、係船用のロープを設置します。

アンカーの先の丸カンにロープを通したら、これを陸との間でループ状にします。
こうやって出来た、ループの片側に船を固定するわけです。
船を固定するにはロープ途中に輪を作り、船のクリートに引っ掛けるといいでしょう。

これで設置は完了です。

設置後は船を固定した側を引っ張れば、船は陸に近寄り、逆側を引っ張れば船は沖に出て行ってくれるわけです。

ご理解いただけましたでしょうか?




|

July 28, 2008

夜のイカ釣り

夜焚きに行ってきました!4人でヤリイカ50パイとイマイチでしたが、夏の風物詩を存分に楽しんできました。(九州では、夜に船を出し、漁火を灯してイカを釣ることを夜焚き(ヨダキ)といいます。

|

July 17, 2006

船体識別番号の再発行

続いて、船体識別番号の再発行です。まずは、国土交通省です・・・聞いただけでゲンナリするでしょ・・・ハハ。
僕は福岡ですので、国土交通省 九州運輸局 福岡運輸支局沖浜庁舎 船舶課に向かいました。な、ながい・・・。

準備するものは①船検書類一式 ②印鑑 ③打刻作業をお願いする造船所のアテ(後ほどご説明します)④切手120円分です。

ここでは、事情を説明し塗抹申請書なるものを提出します。ほとんど船検証を見れば書ける内容です。係員もとても親切な方で丁寧に教えてくれました。この塗抹申請書というのは、何らかの理由で「船体識別番号を消し(はがし)ます。お願い!許してー!」ってな意味合いの書類です。これを提出することで、三つの書類が返送されてきます。ひとつは塗抹許可書という「しょーがねーなー!いいよ、消しても」ってな意味の書類です。さらに打刻命令書。これは「消すのはいいけど、その船使うんだったら、キチンと船体識別番号を貼りなさいよ!」ってな意味の命令書(いかついですね)です。3つ目は、この命令書に対する、打刻完了報告書。これは「はい、確かに船体識別番号をここで打刻しました。文句ある?!」って意味の書類です。この打刻完了報告書を後日運輸局に返送するのです。

しかし、この打刻(単にシールを貼るだけなんですが・・・)という作業は僕ら素人では出来ません。出来ないというよりは、やってはいけないものなのです。そこで、前述した「打刻作業をお願いする造船所のアテ」が必要になってきます。船の保管場所に近い造船所にお願いするといいと思いますが、これは運輸局に登録された造船所でなくてはなりませんので、お願いする造船所に事情を説明して確認しておくといいでしょう。
この造船所の名前が完了報告書に印字されてきますので、申請段階で決めておかなくちゃならないんです。ここポイントです。

ふー・・・。ってなわけで無事申請が終了。3日ほどして3つの書類が自宅に届きました。
しかし、これで終わりじゃないんです。つづいて船体識別番号を印字したシールを入手しなくてはなりません。
これは日本舟艇工業会に申請します。この舟艇工業会って団体は、船舶メーカーなど造船業者の業界団体なんですが、国土交通省がシール発行等を民間に委託してるんですね。

社団法人 日本舟艇工業会 事務局 TEL 03-3567-6707

申請には事前に届いた塗抹許可証と打刻命令書が必要になります。この二つをFAXすると、シールやシールの表面を保護するスプレーなどの注文書が届きます。この注文書に必要なものを記入して、指定業者である倉本産業さんにファックスします。すると倉本産業から請求書がファックスされてきますので、請求された代金を指定口座に振り込み、その際の振込金受領証を請求書に貼って再度倉本産業にファックスします。
ちなみに僕はなんだかんだ注文中した結果4,169円かかってしまいました。シールだけなら1,300円で済みます。

株式会社 倉本産業 TEL 03-3989-6711

ふー、あともう少しです・・・1週間ほどしてシールが届きました。

Img_1826
到着したシール、保護スプレー、番号表示プレートなどなど、しめて4,169円・・・船舶番号と合わせて8,769円・・・いたたた、痛い出費です・・・。
さて!やっとフィニッシュです。
この船体識別番号シール、打刻完了方報告書を持って造船所に向かいます。造船所でシールを貼り、保護スプレーを吹きつけ、乾燥したら報告書に添付する写真を撮影。写真をプリントアウトし、完了報告書に造船所の印鑑を押してもらい、これらを運輸局に送付したら全て完了です。

いやー、ほんと大変でした・・・僕のようにうっかり剥がしてしまったらぜひ参考にしてください。もちろん剥がすことはお薦めできません。無茶苦茶大変です!

|

June 27, 2006

船舶番号の再発行

剥がしてしまった、船舶番号と船舶識別番号。今回はこれらの再発行の手順をレポートします。同じようにヘマをしてしまった方の参考になれば幸いです。

まずは船舶番号ですが。正式には前々回に書きましたように、「定期検査済年票」と」「中間検査済年票」、「船舶番号」「船籍地ステッカー」に分かれます。再発行してもらうには、まず最寄の日本小型船舶検査機構(JCI)に行きます。「どこにあるか知らん!」というかたは、こちらでご確認下さい。

必要なものは、①船舶検査証書 ②船舶検査手帳 ③印鑑 ④ゲンナマ 約5,000円 ⑤謙虚な気持ちです。

僕は福岡支部に行きました。カウンターで、「あのー、船舶番号などなど全部はがしちゃったんですけど・・・まちがって・・・」と今回もあくまで故意でないことを織り交ぜながら、カウンター越しにお姉さんに訴えます。
すると、「あ、じゃこれに記入してください」と極めて冷静に記入用紙をくれます。用紙には定期検査票等再発行申請書とあります。船検証を見ながら必要事項を記入し提出します。
中間検査を済ませている人は中間検査済票再発行申請書が別途必要です。その旨をお姉さんに伝えれば、用紙をもらえます。

申請書の提出が終わると、お姉さんが振込用紙を渡してくれます。金額は4,100円也。これをもって郵便局から代金を振り込みます。振込みをJCIが確認すると、ステッカーが再発行されます。
僕は何度も来れる時間がなかったので、宅配便で送ってくれるサービスを使いました。着払いで500円です。
当たり前ですが、代金の振込をしないことには、いつまで待ってもステッカーは届きません。僕は翌日振込みを終え、計4日でステッカーが届きました。なかなかスピーディーな対応でした。

Img_1824


ここまでで締めて4,600円・・・。たかがステッカーと思えば高いなぁ・・・。
※JCIさんの対応は地域差があるのではないかと・・・確認していないのでわかりません。個別にご確認を。

|

June 21, 2006

船体識別番号も剥がしちまった!

な、なんということか・・・。

船舶番号(クルマで言えばナンバープレート)を剥がした話は、前回書きました。
ところがです・・・。同時に船体識別番号も剥がしてしまっていたようなのです・・・。

そー言えば・・・(回想シーン)・・・
船体外周をガシガシとスクレーパーで擦り、船体番号などを剥がしていた時のことです。船の後ろ側にまわり、船外機の横を見ると、こ汚いアルミの金属プレートが、これまた汚いゴム状のプレートの上に鎮座しておりました。
「なんじゃ、このキチャナイプレートは?」>「こんなもんがあったら、折角船をきれいにしても、意味ないジャーン」「剥がしちゃえ、剥がしちゃえ、やーい」ってな感じで、考えるよりも先にスクレーパーを握る手が動いていました。
しかし、「もしかして大事なものだったら困るなー」「うん、とりあえず取っておこっ!」・・・(回想シーン終わり)・・・
しっかり保管・・・したはずでした。


Entry_img2_2


Entry_img3

ところがです、それが"船体識別番号"というクルマで言えば、車体番号と同等のもの。コレがないということは、当面は大丈夫なんですが、船検(クルマで言う車検)のときに、身元不明の船体ということになり、とってもマズイことになります。現在の船検証には船体識別番号が表記されていますが、船体にソレがないと「えー、この船ほんとにこの船検証の船なのー?」って有らぬ疑いをもたれてしまうのです。

船舶番号は小型船舶検査機構に申請すれば、ちゃちゃっと再発行してくれるのですが、どーもこの船体識別番号はそう簡単にはいかない様子・・・。

次回、そこらへんの具体的な方法を書きます。僕のように、やらかしてしまった人は是非参考にしてください。

|

June 20, 2006

船体識別番号・・・船舶番号・・・剥がしてしまった・・・。

前回、船の塗装をしました・・・しかし・・・バカでした・・・。ちょっと考えりゃわかりそうなものを・・・。

もともと船には外周に船舶番号とその左右に定期検査済年票、中間検査済年票、船籍港県名などのステッカーが貼られていました。バカな僕は船の外周を塗装するのに邪魔なこれらを、スクレーパーでガシガシ剥ぎ取り、その上から塗料を塗ってしまったんです・・・。おかげで船はキレイになりましたが・・・。

Entry_img5

決して言い訳ではないんですが、登録の際に係留する場所(県)が変わるため「船籍地県名」のステッカーだけは新しく購入していました。価格は200円。「なーんだ安いじゃん!」そう思ったのが運の尽きだったのです。問題は船舶番号です。船舶番号とは、よーするにクルマで言う「ナンバープレート」ですね。

船籍地のステッカーが200円だったんで、船舶番号は1,000円ぐらいの感覚で、まずはこれらを管轄する日本小型船舶検査機構(通称JCI)に電話。「あのー、船舶番号はがしちゃったんですけどー、うっかりー・・・」、ちっともうっかりじゃなかったんですが、「ばっかもーん!」と叱られるのもいやだったので・・・。

すると答えは意外とあっさり、「あー、じゃ再発行ね」と。ちょっとだけホッとしましたが、値段を聞いてびっくり。「4,000円ちょっとかかりますけどねー」と。「よ、ヨンセンエンっすかー?」あのステッカーごときで4,000円とは正直びっくり・・・しかし、ステッカー薄汚れてたし、申請すればすぐ再発行されるし、キレイになるならいいかと、納得しました・・・。ところがです、そんなことは可愛く思えてしまうほど、ややこしい話が・・・。

次回につづく・・・

|

June 13, 2006

ボートのレストア&整備の日

ちょっと更新を怠けてました・・・。

今日はマイボートの船底塗料塗り替えと軽レストア、船外機の整備です。近所のマリーナ「つばきマリーナ」の一角を借り切っての、2日間にわたる作業です。
で、もちろん作業はすべて自分で!こんな楽しいことを人にやらせるわけにはいきません。マリーナのレンタル料金15,000円はちょっぴり痛かったんですが、そのぶん周囲に気を使うこともなく思う存分やれるので迷わず決めました。

まずは、クレーンで楊船してもらい、クレーンで吊ったままケレンを使って粗くフジツボを落とします。マリーナのスタッフに「うわ!こりゃ走らんやったでしょ!」と一言、決して僕が怠けていたわけでなく、前のオーナーから譲ってもらってまだ2週間です。「いや、前の・・・」と言いかけましたが、そこは「アハハ・・・」でごまかしました。
あらかた掃除をしたら船台へ載せて、高圧洗浄機で洗浄、さらに浮いた塗料を再度ケレンで剥ぎ取ります。

高圧洗浄機でバシュー!っと。見る見る塗料が剥がれていきます
Img_1771_1

当日のパートナーのふたり。こいつらが周囲をうろちょろ・・・おかげで退屈はしませんでした。たまに踏んづけたりもしましたが・・・。
Img_1801

塗料がきれいに剥がれればこっちのもの、あとはゆっくり時間をかけて丁寧に塗装を進めるだけです。マスキングして、塗装して、乾燥を待って、また塗装。乾燥を待っているあいだは、ガレージから流れるFMラジオを聞きながら昼寝⇒作業⇒昼寝。

で、2日間の集大成が下の写真。1枚目の写真と比べてください。なかなかの出来でしょ!
Img_1805

船体がきれいになったら、エンジン整備。ギアオイル交換、グリスアップ、フィルター掃除、塩抜きなどの軽整備をしていざ進水!軽くなって、抵抗も減った船は、いやー走る走る!

えっ?そら豆?あ、食べちゃいました。あんまりおいしくて写真忘れてました。美味かったッス!以上!


|

June 10, 2005

海辺の暮らしにそなえて・・船をGET!

海辺に暮らすための必需品・・・(実は釣りに行きたいだけ・・・)
船をGETしましたぁぁぁ・・・

F1000009

全長は20フィート(約6m)で70馬力の船外機が付いてます。
船はまだまだ現役なんですが、船外機のほうはちょっと・・・。
でも見た目以上に調子が良かったのでひと安心です。

免許は昨年奮発して1級免許を取得しました。20トンまで操縦できる免許で、
機関士が一緒なら世界中どこへでも行けるんです。
もちろんこの船に乗るには、1級なんて必要ないんですけどね・・・。
せっかく取るなら、やっぱ1級でしょってことで・・・ロマンですよロマン・・・オトコの。

今はまだ福岡市内に係留していますが、そのうち「海辺の家」の前に浮かべるつもりです。

|