May 24, 2007

家具のリペア

この家の納屋の2階に置かれていた勉強机。いつかリペアしようと思っていましたが、なかなか機会がなく、ほったらかしにしてました。ところが、目ざとい我が弟がこれに目をつけ、急遽リペアすることに。

実はこの弟、7月に福岡市内の”けや木通り”という場所に自分のカフェをオープンすることになっており、その店のインテリアにと、この机に目をつけたのでした・・・兄弟ですね、考えることは同じです。そんなわけで早速リペアに。

Img_2229

まず、構わずザブザブと水洗い。これ大事です。木の家具を水洗いなんて、普通は躊躇してしまうものですが、下地をきれいにしなければその後の塗装に悪影響がでます。水洗いが終わったら、しばらく乾かしサンディング。電動のサンダー、サンディングペーパーでギュンギュン、ゴシゴシと一皮向いてやります。

サンディングが終わったら、もう一度水洗いし、削りカスを完全に取り除きます。しばらく乾かしチークのオイルステンで塗装します。塗装は刷毛などは使わず、ウエスにオイルステンを染み込ませ、拭き上げるように塗っていきます。色合いを見ながら最低2回は塗り重ねましょう。

Img_2243

で、完成です。どうですかなかなかのもんでしょ?古いものも手を入れてあげれば随分素敵によみがえってくれるものです。最近の合板で出来た机だとこうは行きませんけどね。ちょっと手放すのが惜しい気もしてきましたが、がんばった弟のため快く提供することにしました(泣)


|

May 06, 2006

OSBボードで床はり。

かなり痛んでいた畳をはがして板張りに変えました!。畳をはがしてみると、下地はままだま使えそうだったので、そのまま補強と底上げを兼ねた根太を打ち、その上に板を貼りました。フローリングと言いたいところなんですが、材料に手が出ず、代わりにOSBボードと呼ばれる合板を貼ってみたところ・・・。これがなかなかどうして、いい感じなんです。

Img_1649_2

これから暑くもなるし、当面はこれで使ってみて、飽きたら畳ラグでも敷いて雰囲気変えてみよっと!

|

December 26, 2005

ハンドメイドこたつ

あんまり寒いので、コタツを買いに行きました・・・が、コタツって無茶苦茶高いんですね。普段気にもしてなかったんでコタツの値段なんて知りませんでしたが、普通に4、5万しました・・・。
そんなわけで作ることにしました。嫁は「コタツなんか作りきるん?」と我が腕を疑っています。「そんなんチョチョイのチョイよ」と大見得を切っていざホームセンターへ!

購入したのは
■SPFの角材 小6本 大1本
■天板用のOSBボード(暫定)1枚
■肝心のコタツユニット 1個
しめて6000円程度です。

で、出来上がったのが下の写真。

まずは骨組みを作ります。コースレッドで、バンバン組み立て・・・。
__img_1368

ちょっと足が逆ハの字になってしまったんで、つっかえをいれてっと・・・。
IMG_1369

そんで、コタツユニットを組み込み・・・。
IMG_1371

完成しました。コタツ布団で隠れるんで、安普請は見えましぇん。
天板を何とかしなきゃ・・・。

__img_1374


|

December 16, 2005

トイレ出来ました!

トイレできましたー!こんなんなりましたー!

__img_1363

床は1×4材を敷き詰めてから塗装仕上げ、壁はベースがOSBボード、その上に漆喰を塗って仕上げました。さらに床の立ち上がりに巾木を回して仕上げています。ホームセンターにステンレスのシルバーのトイレットペーパーホルダーが無くってずいぶん探しまわった挙句、商店街の金物屋さんで見つけました。どーもプラスチックのホルダーじゃ雰囲気でませんもんねー。

イヤー!我ながらよく出来たもんだと思っとります。

でもじつは天井がまだなんです。出来たらまたご報告しまーす。
__img_1364

|

December 06, 2005

トイレの改修

いやー、仕事が忙しくってなかなか更新できてませんでした・・・汗
久しぶりの更新ですが、決して作業してなかったわけではないんです。いやむしろ、
これまで以上にやってました。

で、下の写真はトイレの改修工事の模様。
友人のジョージ君(実家が大工)にも手伝ってもらい、古くて、臭くて、汚いトイレを改修しました。

IMG_1276

ジョージ君、気づかなかったよ・・・。そこまで抜けてたとは。オレがイジめたせい?ゴメンね。
まずは、便器を搬出し壁、天井、床をそっくりはがします。

IMG_1278

天井板をはがすと、土壁です。竹の骨組みに土を塗りこんであるのが見えました。
今更ながらこの家の古さを感じます・・・。
聞けばベースは大正時代の建物だそうで、80年は明らかに経っていることになります。

このあと、新たな床、壁、天井、壁の漆喰塗りと作業を進めました。


|