« August 2005 | Main | January 2006 »

December 26, 2005

ハンドメイドこたつ

あんまり寒いので、コタツを買いに行きました・・・が、コタツって無茶苦茶高いんですね。普段気にもしてなかったんでコタツの値段なんて知りませんでしたが、普通に4、5万しました・・・。
そんなわけで作ることにしました。嫁は「コタツなんか作りきるん?」と我が腕を疑っています。「そんなんチョチョイのチョイよ」と大見得を切っていざホームセンターへ!

購入したのは
■SPFの角材 小6本 大1本
■天板用のOSBボード(暫定)1枚
■肝心のコタツユニット 1個
しめて6000円程度です。

で、出来上がったのが下の写真。

まずは骨組みを作ります。コースレッドで、バンバン組み立て・・・。
__img_1368

ちょっと足が逆ハの字になってしまったんで、つっかえをいれてっと・・・。
IMG_1369

そんで、コタツユニットを組み込み・・・。
IMG_1371

完成しました。コタツ布団で隠れるんで、安普請は見えましぇん。
天板を何とかしなきゃ・・・。

__img_1374


|

December 21, 2005

冬といえば・・・

冬といえば・・・いろいろありますが、僕はやっぱり”コタツdeみかん”。
ってなわけで、我が家の庭に実った柑橘類のご紹介です。

これは八朔(はっさく)らしいです。キコリさんが言ってました。ちと早いかなぁ・・・なんて思いながらもちぎって食べてみました。すっぱいものが苦手な僕でも食べられる甘さの八朔でした。__img_1361

で、こっちはザボン。まだ食べてません。デカイです。__img_1358

かなり迫力ある大きさです。木との比較でわかります?。__img_1359

で、”コタツdeみかん”のコタツですが・・・現在鋭意製作中です。ちゅうか早く作らないと寒くて寒くて居られません。

|

December 16, 2005

トイレ出来ました!

トイレできましたー!こんなんなりましたー!

__img_1363

床は1×4材を敷き詰めてから塗装仕上げ、壁はベースがOSBボード、その上に漆喰を塗って仕上げました。さらに床の立ち上がりに巾木を回して仕上げています。ホームセンターにステンレスのシルバーのトイレットペーパーホルダーが無くってずいぶん探しまわった挙句、商店街の金物屋さんで見つけました。どーもプラスチックのホルダーじゃ雰囲気でませんもんねー。

イヤー!我ながらよく出来たもんだと思っとります。

でもじつは天井がまだなんです。出来たらまたご報告しまーす。
__img_1364

|

December 12, 2005

ユンボ来る。ネコも納得。

ね、念願のユンボが来ましたぁぁぁ!。
キコリさん(ちょくちょく話に出てくるキコリとはこの人)にお願いして貸していただくことになりました。キコリさん、ユンボの操作も上手いのなんのって・・・。

__img_1346

僕は正直行って重機はド素人なのですが、お隣の飼い猫「チーコちゃん」はポイントを押さえた検品をおよそ10分間に渡っておこなっていました。(よーに見えました)

ネコ、操作系の状態をチェック中
__img_1349

ネコ、廃土板のガタツキをチェック中__img_1352

ネコ、バケットをチェック中!__img_1353

検品はお隣のチーコちゃんでした。
初体験のユンボ、インプレッションは次の機会に

|

December 06, 2005

満月です。きれいです・・・。

その日は大潮。満月の夜です。空は晴れているし、満月だし、きっと明るいつきよになるだろうなー。と、思っていると夕方には稜線に月が・・・ホント幻想的で綺麗でした。

IMG_1274


|

朝陽です。きれいです・・・。

家にも何とか泊まれるようになってきました・・・。そしてあくる朝、差し込む日差しで目が覚めました。布団を抜け出して、庭に出ると・・・。ご覧の朝陽。急いで部屋に戻り撮影しました。

IMG_1243

STB_1249


|

トイレの改修

いやー、仕事が忙しくってなかなか更新できてませんでした・・・汗
久しぶりの更新ですが、決して作業してなかったわけではないんです。いやむしろ、
これまで以上にやってました。

で、下の写真はトイレの改修工事の模様。
友人のジョージ君(実家が大工)にも手伝ってもらい、古くて、臭くて、汚いトイレを改修しました。

IMG_1276

ジョージ君、気づかなかったよ・・・。そこまで抜けてたとは。オレがイジめたせい?ゴメンね。
まずは、便器を搬出し壁、天井、床をそっくりはがします。

IMG_1278

天井板をはがすと、土壁です。竹の骨組みに土を塗りこんであるのが見えました。
今更ながらこの家の古さを感じます・・・。
聞けばベースは大正時代の建物だそうで、80年は明らかに経っていることになります。

このあと、新たな床、壁、天井、壁の漆喰塗りと作業を進めました。


|

« August 2005 | Main | January 2006 »