« October 2004 | Main | January 2005 »

November 25, 2004

またまた問題発生!!!

先日書いた「相続問題」は、知り合いの不動産屋さんが予想したとおり、1ヶ月で片付いたとの連絡がありました。ところがです・・・。こんどはまた別の問題が・・・。

先日書いたとおり、前面の畑の名義をサラリーマンの私の名義にするのは不可能とのことで、売主はこれを宅地に変更すべく、町の農地委員会に申請しました。そんでもって、委員会では許可が下りたのですが、実は委員会さえ通れば即宅地に変えられるものではなく、最終的には所轄の法務局の審査が必要だったとか・・・。

それで、彼ら売主は法務局の審査対策として「畑部分は現在畑としてはまったく使用しておらず、資材置き場として使用している(実際そうなのですが)」という状態を明確に表現?する為に、資材を持ち込み草を刈りとさまざまな努力をしていたそうです。それで法務局が来るのを待ち受けていたそうなのですが・・・。

それから随分時間が経過し、売主はもうとっくに法務局は審査に来たと思い込んだ?ようで、運んだ資材を撤去し別の場所へ移動したそうです。ところがそれはまったくの思い込みで、実はその数日後に法務局が審査に訪れたようなのです。で、その場の状況を見た法務局は「地目変更不可」の判断を下したのです。????

よく意味が分からない部分が多分にあるのですが、ともかくお上は「不可」の判断をしたという事は事実のようで、そうなれば当然、僕へ名義変更することは出来ません。(前ブログ参照)

正直なところ、そもそも600坪は広すぎると思っていたわけですから、そのうち200坪がなくてもまだ400坪もあるわけで、広さから云えば畑がなくても問題はないのです。しかし、その畑の向こう側に海があり海辺の暮らしを夢見ていた僕としてはその畑を手にいれられず、人の手に渡ってしまい、さらに万が一そこに建物でも建てられてしまったのでは、景観なんてあったもんじゃない、まったく意味のない買い物になってしまうわけで・・・。やはり、これはどうしても解決しなければならない問題なのです。

続く・・・

|

« October 2004 | Main | January 2005 »